喪主を決めるときは

葬儀の主催者である喪主は、故人ともっとも縁の深い人がつとめます。通夜・葬儀の準備の最初に、遺族が協議して決めましょう。

重要事項

  • 葬儀への希望はきちんと意思表示
  • 故人ともっとも縁の深い親族がなる
  • 複数が共同でつとめてもかまわない
  • 親族がいない場合は友人・知人が代理でつとめる
無料カタログ請求フォーム 無料カタログ請求フォーム 今すぐ電話する 無料カタログ請求フォーム

喪主とは葬儀の主催者

「喪主」とは、遺族の代表として葬儀を執り行い、故人に代わって弔問を受ける人のことです。通夜や葬式の準備をするにあたって、まず最初に決めましょう。喪主は葬儀を主催する立場なので、葬儀に関する希望はきちんと意思表示しておく必要があります。

喪主は故人と縁の深い親族

以前は法律上の相続人が喪主となりましたが、現在では故人ともっとも縁の深い親族がなるのが一般的です。故人が生前に自分の葬儀での喪主を指定していたときにはそれに従いますが、通常は故人の配偶者、子ども、親、兄弟姉妹の順になり、遺族が協議をして決めます。

他家に嫁いだ一人娘が喪主になることもできます。喪主はひとりとは限らず、何人かが共同でつとめることもあります。また、故人が血縁が薄く、喪主となる親族がいない場合には、友人・知人などが喪主の代理をつとめます。その場合は、「友人代表」「世話役代表」となり、喪主とは名乗りません。

親でも、子どもの葬儀の喪主になります

親より先に子どもが死ぬことを、「逆縁」といいます。昔は、親は子どもの葬儀にあたっては喪主にならないものとされ、火葬場にも同行しないことが多くありました。今ではこうした風習はうすれ、子どもにとって一番近い血縁である親が喪主をつとめるのが一般的です。

遺影は、暗い表情のものはさける

通夜・葬儀に、故人の遺影は欠かすことができません。四つ切り(上下296×左右240cm)のサイズに引き伸ばしたものがよく使われ、通常の額に入れた場合の料金は約2~3万円です。葬儀の形式によって額の種類もさまざまあり、また、額に花を飾ることもあります。

昔は白黒写真でしたが、今はカラー写真がほとんどで、周囲や背景も気になるものであればカットしてくれます。写真(紙焼き)やネガフィルムがあれば、葬儀社に手配を依頼します。アルバムから写真をさがすときは、療養中の暗い表情のものは避け、故人の人となりがしのばれる表情のものを選びましょう。

女性の場合、若いころの写真を望まれることがよくあります。遺影は葬儀のときばかりでなく、家にずっと飾っておくものですから、先々、若死にされたのではと誤解されないためにも、近影を用意しましょう。

無料カタログ請求フォーム 無料カタログ請求フォーム 今すぐ電話する 無料カタログ請求フォーム
挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

満中陰志・粗供養
四十九日・他
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ