香典返しに商品券を選ぶメリット

品物自体にも変化しています

四十九日の法要が終了してひと段落ついたときに行うのが香典返しであり、そこにはいろいろなマナーがあります。

報告とお礼を兼ねた作業であるという認識を持って事に当たるのが重要であり、一般的には半返しという相場がまかり通っているのです。

金額に見合う商品を探してお返ししていくというスタイルが従来のものでありましたが、葬式の内容も小規模な家族葬が増えたということで、品物自体にも変化が出てきています。

一例として挙げるならば、商品券などの金券がそれに該当します。

日本独特のしきたりでもある香典返しがフレキシブルな発想になったという瞬間でもあり、比較的若い喪主が努める葬儀に多く採用されています。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

商品券の特徴

商品券にする特徴としては、先方が好きな商品を自ら選ぶことができるという点が何よりのメリットとなります。

同時にもらってうれしい商品かどうかをこちらが考える手間も省けるということもあるため、これから重要な位置づけになっていく存在であるというようにも見られています。

さらに年齢層が若いという人には喜ばれるものですが、高齢者層に送るならば慎重になって選ぶことも忘れてはならない点となるのです。

最近の商品券はインターネットの勢いに押されて、使用できる店舗数も縮小傾向にあるので、地方での活用には慎重さも求められています。

地域に即したものであるのかといった細かい点にも配慮していくようにすることが大切です。

相手の立場に立った心がけを行う

商品券に加えて一筆何かお礼状のようなものを添えるというアイデアです。

こうしたことは心のこもった贈答に変わっていく要素を持っているので、相手も不快な気持ちにはならないのです。

それに加えて、金券の枚数にもこだわりを持っていくとよい贈答品として見られることがあります。

1万円を1枚あげるよりも、1千円を10枚にして細かくして使いやすいようにするという例です。

とにかく相手の立場に立った心がけを行うようにしていくことで、ストレートに気持ちというものは伝わっていくことになるのです。

またいわゆる全国共通の百貨店で使える商品券が最良であるという意見もあって、大半はこういったものが選ばれています。

今まで述べたことをまとめると、相手に失礼のないような香典返しを行うということが大切なのです。

日本の古来からの伝統に習い、家族のつながりを尊重して、賢明な判断を喪主を中心にして行うことも併せて見ておきたい要素なのです。

こういった内容は、今さら聞きにくいマナーとして世間では捉えられることも多く、暇を見つけてインターネットで調べておくことも大事になります。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
四十九日・他
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ