香典返しのマナーや作法について

香典返しのマナーや作法について説明します

香典とは告別式や葬儀で死者に供える不祝儀です。

また、葬儀に伴う遺族の負担を減らす意味合いもあります。

香典返しは、遺族が参列者や葬儀で世話になった人への感謝の気持ちを表したものです。

本来は忌明けの通知とともに感謝の気持を記せば、香典返しをしなくても失礼にはあたりません。

香典返しは後に残らない消耗品を選ぶのがマナーです。

一般的に四十九日の忌明け後に、挨拶文を添えて送ります。

いただいた金額の3分の1から半額ほどの品を返すことが多いといわれています。

表書きは宗教を問わず使える「志」が最も一般的です。

のしなしのかけ紙をかけ、黒白の水引きを結び切りにします。

また、関西では黄白の水引きを使用することもあります。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

香典返しと法事引き出物のマナーについて

香典とは故人の霊前に供える金品の事を言います。

香典返しとはその時にいただいたお礼となります。

地域や宗教によって違いはありますが、49日後の忌明けにお返しする事が多いため、故人に対する弔事が無事に終わりましたという報告も兼ねたものになっています。

金額としては頂いた金額の3分の1から半額が目安です。

お返しする品は、日用品が多くタオルや石鹸などがよく選ばれています。

香典返しは、本来1軒1軒挨拶して回るものでしたが、現在は、配送業者直接送る事が一般的で、代わりに挨拶状を付ける事がマナーとされています。

49日の後、遺族にとって大きな法要は一周忌になります。

一周忌は知人等を招き法事を行いますが、法事の際、引き出物を用意します。

法事では、その場で持ち帰って頂くため、日用品の他、かさばらず、持ち帰りも便利なカタログギフトがよく使われています。

会社への香典返しについて

勤めている会社や団体から身内の葬儀の際に香典を受け取った場合には香典返しの必要はあるのでしょうか。

一般的なマナーとしてはその土地の風土に合わせるということになりますが、形式的に届いた場合には香典返しの必要は無いと言われています。

しかし、ごく親しい人たちから香典をいただいた場合には香典返しを行うことが多いようです。

香典返しの品に関しては、その金額にもよりますが、香典の差出人が部署やチーム単位であった場合には、簡単に分けることが出来るようなお菓子やお茶、普段使うことが出来るタオルなどという場合もあります。

お返しのタイミングとしては、仏式・神式により異なりますが、忌明けの法要後が一般的ですが、それよりも前の場合には、葬儀後に渡すようにします。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
四十九日・他
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ