香典返しに添える手紙を書くときのポイント

香典返しに添える手紙を書くときのポイント

香典をいただいた方には、礼儀として香典返しが必要です。

その時一筆手紙を添えると、気持ちが一層伝わります。

一般的な書き方として最初に伝えるのは、忙しい時に故人のために葬儀に参列し、香典を供えて下さったことへの感謝の気持ちです。

そして、滞りなく法要を終えることが出来たことを報告します。

中には遠方であったり、やむを得ない事情の為、葬儀に参列出来ず香典を郵送して下さる方もいらっしゃいます。

その方には生前の故人の思い出話や、今後は遺志を尊重して生活していく旨等も伝えると丁寧です。

香典返しが遅くなってしまった場合には、お礼と共にお詫びの言葉を添えるようにします。

最後に、本来なら直接挨拶するべき所を書面による略儀になることへのお詫びを必ず入れるようにします。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

感謝の気持ちを手紙で送る

葬儀に関するお礼をする際には、葬儀に参列していただいた人・香典をいただいた人に対して感謝の気持ちを手紙にした『お礼状』を送ります。

香典をいただいた人には香典返しと一緒に送ります。

お悔やみのみ・弔電をいただいた人にもお礼状を出します。

時候の挨拶・心配してくれたことへのお礼・故人の思い出話・締めくくりの挨拶・故人の家族を連名で書くというのが、一般的な書き方になります。

忙しいなか故人のためにお供えをいただいた感謝の気持ち、滞ることなく法要が執り行われたことの報告・直接挨拶に行けず略儀で済ませることへのお詫びを盛り込んで書くことがポイントとなります。

故人の思い出話は可能であれば書くことによって、故人を偲ぶことができます。

香典返しと忌明けの挨拶状

仏式では四十九日、神式では五十日祭をもって忌明けとしています。

喪明けとは遺族が日常生活に復帰することを言います。

忌明けの法要を終えた際には、その報告とともに葬儀の際のお礼を記述した挨拶状を送るのが一般的です。

この忌明けの挨拶状は香典返しを兼ねていることが多いため、手紙だけでなく香典返しの品を添えて送るようにします。

香典返しをしないという場合には、その旨を書き添えて送るようにします。

手紙書き方が分からないという場合には、インターネットや書籍の例文をもとにして記述するようにします。

弔辞の手紙のように薄墨を使用する必要はありませんが、地域により異なるので、その地域の習わしに合わせて書くようにしましょう。

香典返しには手紙を添えて 文例をアレンジする際は注意

香典返しには、挨拶状として手紙を添えるのが一般的です。

忙しい中、お供えをくださった方への誠意を伝える為であり、故人の法要が滞りなく行われた事の報告も兼ねています。

またその手紙の文面には、中々使わない言葉遣いや決まり事がいくつかありますし、亡くなった方の書き方はその続柄によるなど場合によって異なってきます。

手紙を書く際の方法としては葬儀を行った地域の習慣を確認し、贈答品の業者やその地域の知人に相談しながら文例を上手に活用し書いていきます。

しかし既製の文例をアレンジして利用する際は、句読点を使わないようにしましょう。

「句読点は読み手の読解力がない場合の補助と考えられているので」など駄目な理由は諸説ありますが、注意する必要があります。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ