社葬

取引先など、故人が生前にお世話になった方が幅広くお越しになる社葬。

社外の要人も弔問に訪れる可能性が高い他、故人のご遺族との調整を行う必要もあり、失敗は許されません。

故人の生前の偉業を称え、尊厳ある式にするためにも、事前に細やかな配慮が必要となります。

調整力も大切になる社葬。準備を行う人選も慎重に

限られた時間内でつつがなく式を執り行うために、担当者の力が問われるところです。

社葬に関する取り決めが社内に設けられている場合は、基本的にはそれに沿って準備を行うべきですが、社葬に関する内規がない会社は、万が一に備えて、ランクごとの規定を作成しておけば安心です。

社葬は、弔辞の人選、遺族とのやりとり、連絡を取る相手など、故人への印象だけでなく、今後の会社そのものに対しても多少影響のある可能性がある準備事項も含まれます。

できるだけ社内や故人の交友関係にある程度精通しており、マナーや常識、調整力に長けた方を準備に充てると安心です。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

日程・ご遺族との関係について

多くの方をお呼びすることになる社葬ですが、社会的地位の高い方を複数お呼びすることもあり、今日の今日行うといったことは殆どありません。

社葬に先んじてまず、ご遺族のみで密葬を行っていただき、その後骨葬という形で社葬を行うことが一般的です。

とはいえ、普通の葬儀と比較して社葬は呼ぶ人数、会場の規模が大きく、準備には時間がかかりますので、社葬を執り行うことが決まったら早めに準備に取り掛かりましょう。

また、社葬とはいえ会社の意向のみで行うのではなく、故人やご遺族の意向も汲むべきです。

ご遺族は密葬の準備と故人を亡くした悲しみで非常に大変な時ですので、社葬の準備ばかりに気をとられず、ご遺族の心にも寄り添って準備を行いましょう。

社葬の知らせを受けた場合は?

出席者の選定や供花・供物を送ること、香典の準備などが必要となります。

こちらについても、社内に明確な規定があればそれに沿えばいいですが、社葬の場でも名刺の交換が行われることもありますので、一度社内の要人を交えて話し合う方が確実でしょう。

弔辞についても一般の式とは異なり、非常に大人数を前に話をすることになりますので、内容にはよく留意しましょう。

弔問する側の対応も、先方との今後の対応に影響しますので、マナーにはとりわけ要注意です。

Q&Aを以下のリンク内に準備していますので、事前に念のため全て目を通しておくと安心でしょう。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ