キリスト教式葬儀

日本における葬儀の9割が仏式で行われると言われており、人によってはあまり馴染みのないキリスト教式の葬儀。

進行や式の内容が宗派によって大きく異なることも特徴です。

キリスト教式のご葬儀を一般的な仏式の葬儀のマナーしか知らずに執り行ったり参列したりしてしまうと、大きなマナー違反を犯してしまう可能性もあります。

事前にその宗派ごとの特徴をよく確認しておきましょう。

仏式との大きな違い、「不幸ごと」ではない?

キリスト教の考え方の基礎には、この世での死は、天国で永遠の命を授かることであるという考え方があります。

すなわち、葬儀が「お悔やみごと」「不幸ごと」ではないということです。

マナーだと思い「ご冥福をお祈り申しあげます」「お悔やみ申しあげます」といった声をかけることが逆にマナー違反となることがありますので、注意しましょう。

また、式中に賛美歌を歌うケースもあり、静かな仏式の葬儀をイメージしていると驚く方もいらっしゃいます。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

服装は?香典は?賛美歌がわからない場合は?キリスト教形式の心配ごと

仏式の喪服しか持っていない場合はどうすればいいの?という方も多いようですが、基本的には普段の喪服で構いません。

また、常識的な装いであれば和服も可とされています。

敬虔なカトリック信者の方は、暗い色の帽子にベールをかぶるのが正装とされていますが、一般の方々はそこまで気にする必要はないでしょう。

また、香典をお渡しする場合は、表書きを「御花料」とします。

宗派によって供花が禁止されていることもありますので、贈りたい場合はよく注意しましょう。

賛美歌がわからない場合は無理をして歌う必要はありません。

安らかに眠っていただくために、注意しておきたいこと

ご高齢なご家族やご心配な方がキリスト教の信仰を持たれている場合、特に注意しなくてはならないのが臨終の立会いです。

キリスト教では、まだ意識があるうちに臨終の儀式を行うのが基本。

よほどの突然でない場合は、事前に心の準備をしておき、いざと言う時は臨終に間に合うように神父様や牧師様にお越しいただけるようにしておきましょう。

神父様や牧師様に見守られながら、安らかな臨終を迎えることができるはずです。

キリスト教の中でも二大宗派であるカトリックとプロテスタント、それぞれの式のスケジュールは大幅に異なり、マナーも異なります。

以下にそれぞれの詳しい特徴を記載してありますので、よく確認しておけば安心して式を執り行うことができるでしょう。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
四十九日・他
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ