香典返しの挨拶状と満中陰志について

香典返しの挨拶状は巻紙で

香典返しは、葬儀に際して香典を頂いた人たちへ忌明けに挨拶状を添えて返礼の品を送る習わしのことをいいます。

仏式では七七忌(四十九日)、神式においては五十日祭までを服喪の期間と考え、そこを一区切りとして香典返しや忌明けの挨拶をするのが通常の習わしです。

またキリスト教では、没後一ヶ月の召天記念日に挨拶を行うことが通例になっています。

香典返しの挨拶状の用紙は、巻紙に薄墨の毛筆で書き、最も丁重な形でお礼の言葉を述べるのが一般的です。

最近では手書きでなく印刷するのが大半です。

七七忌の法要を営んだ時には挨拶状には俗名でなく戒名を記すようにし、戒名は行を改めて単独で一行たてて記します。

一定のスタイルがあるので、そうしたしきたりを踏まえて作成するようにします。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

満中陰志というものについて

満中陰志とは、西日本の一部の地域で香典返しの際に用いられる言葉です。

「香典返し」という言葉自体も、「満中陰のお返し」という言葉になります。

そもそも香典返しとは、香典を頂いた方に対して行なうお返しの事を言います。

頂いた香典の半額程度の品物を送ります。

基本的には四十九日の法要が過ぎてから送るのですが、告別式当日に渡してしまう場合もあります。

香典返しには挨拶状とのしを付けるのが作法です。

黒白の結びきりの水引を用いて、表書きは「志」とするのが基本です。

ただし、前述の西日本の一部の地域では、表書きは「満中陰志」と書き、挨拶状の中でもこの言葉が使われます。

また、水引に関しても黒白の水引ではなく、黄白の水引を用いる場合があります。

挨拶状の形態について

香典返しは、お通夜やお葬式に来て香典をくださった弔問者に渡す品物のことをいいます。

この香典返しには、通常お礼を兼ねた挨拶状を添えて渡すことが一般的とされています。

挨拶状には、法要の報告と感謝の気持ち、略儀へのお詫びの気持ちを文章に表すことが大切です。

法要の報告については、故人の法要が滞りなく行われたことへの報告、感謝の気持ちについては、会葬やお供えしてくださったことへの気持ちを綴ります。

略儀へのお詫びについては、本来は喪主が直接挨拶に行くべきですが、書面によって済ませることへのお詫びの気持ちを述べます。

また、挨拶状に使われるハガキやカードについては、封筒に入れて渡すことがありますが、二重の封筒を使わないようにします。

挨拶状 挨拶状 のし のし
ランキング ランキング よくあるご質問を見る よくあるご質問を見る
法事・法要 法事・法要 人気カテゴリ 人気カテゴリ

葬祭マナーカテゴリ

粗供養・満中陰志
香典返し
喪家・葬儀まで
弔問客
通夜・葬儀当日
キリスト教式葬儀
神式葬儀
他・葬儀
法要・供養
社葬
その他

情報提供元(店舗情報)

ページトップへ